安心と信頼の品質で、お客様の健康を支えます。

健康食品について

  • HOME »
  • 健康食品について

健康食品と医薬品の違いについて

健康食品と医薬品の違いがなにかご存知ですか?

健康食品はあくまでも健康な人が、足りない栄養素などを補う際に利用するもので、成分や製品の選択は、個人の判断に委ねられています。

一方、医薬品は病気の治療に用いられるため、医師・薬剤師の管理下での使用が大前提となります。薬は効果が強いため“害”(副作用等)にもなりやすく注意が必要です。
また、大きな違いとして、効能・効果をうたうことができるかどうかが挙げられます。医薬品は、厳しい審査と厚生労働大臣による製造販売承認を経て、効能・効果をうたうことができますが、健康食品は基本的にそうした表示を許されていません。

このような違いを良く理解した上で、健康食品をご飲用ください。

【健康食品と医薬品の違いについて】
健康食品
医薬品
品質
一定ではない
一定
対象者
健康な人
病気の人
成分や製品の選択
消費者の自由
医師・薬剤師の管理が必要

健康食品の分類について

健康食品の分類についてご存知ですか?

健康食品は大きく「一般食品(いわゆる健康食品)」と「保健機能食品」の2つに分けられます。

一般食品(いわゆる健康食品)はその名の通り、食品に分類されており、
①病気の治療や予防に対する効能効果
②体の組織や機能に対する増強や増進に関する効能効果
③医薬品的な効能効果を暗示する表現
は一切禁止されています。

一方、保健機能食品はさらに「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」に分けられます。
特定保健用食品(トクホ)は1991年に導入された制度で、国が有効性と安全性を個別製品ごとに審査して許可されたものだけが保健機能の表示ができ、その効果が期待できます。
また、栄養機能食品は2001年に導入された制度で、国の規格基準を満たせば、許可申請や届け出不要でビタミンとミネラルの計17成分について栄養表示ができます。

栄養機能食品について

栄養機能食品は、国の規格基準を満たせば、許可申請や届け出は不要で栄養表示ができる食品のことで、現在、ビタミン12種類、ミネラル5種類の栄養表示が可能となっています。

栄養機能食品として販売するためには、1日あたりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。

栄養機能食品に指定されているビタミン、ミネラル類はすべて人間の生命活動に必要な栄養素で、高齢化や不規則な生活により1日に必要な栄養成分を摂れない場合など、栄養成分の補給が主な目的となっています。

現在の生活習慣を見直して、不足しているビタミン、ミネラルを上手に補いましょう。

■栄養機能食品として機能表示ができる栄養成分
ビタミン
ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸
ミネラル
カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄

■栄養機能食品の規格基準について
栄養成分
1日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分量
栄養機能表示
下限値
上限値
カルシウム
204mg
600mg
カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
亜鉛
2.64mg
15mg
亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。
0.27mg
6mg
銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。
マグネシウム
96mg
300mg
マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。
2.04mg
10mg
鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。
ナイアシン
3.9mg
60mg
ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
パントテン酸
1.44mg
30mg
パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビオチン
15μg
500μg
ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンA
231μg
600μg
ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB1
0.36mg
25mg
ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB2
0.42mg
12mg
ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB6
0.39mg
10mg
ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB12
0.72μg
60μg
ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
ビタミンC
30mg
1,000mg
ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
ビタミンD
1.65μg
5.0μg
ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
ビタミンE
1.89mg
150mg
ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
葉酸
72μg
200μg
葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

健康食品と医薬品の飲み合わせについて

健康食品と医薬品に注意が必要な飲み合わせがあることをご存知ですか?

健康食品なら、病院で処方される医薬品と飲み合わせても大丈夫だろうと考えている方も少なくないと思いますが、実は飲み合わせによっては薬の作用を弱めたり、副作用を起こしやすくしてしまう場合があります。

健康食品の成分は医薬品に比べて低濃度なので、たとえ飲み合わせが悪くても、1~2回飲んだだけで急に症状が出ることは少ないです。しかし、その成分は徐々に体に蓄積されているため、数日間飲み続けた結果、思いがけない症状に見舞われることも考えられます。

このような危険を避けるため、
①医師や薬剤師に相談
②健康食品、医薬品の服用日記をつける
③医薬品成分と混ざらないよう、2~4時間空けて飲む
などの対策が必要です。

以下に、飲み合わせが悪い健康食品と医薬品の一例を挙げますが、これらの健康食品を飲む場合は、細心の注意を払い、上手に付き合っていただければと思います。

■飲み合わせが悪い健康食品と医薬品の一例
健康食品の成分
医薬品の成分
考えられる副作用
セントジョーンズワート経口避妊薬、麻薬性鎮痛剤、HIV治療薬など薬効を弱める
青汁ワルファリン(血液抗凝固剤)薬効を弱める
カフェインエフェドリン(気管支ぜんそくなどの治療薬)興奮作用による動悸、不眠
ビタミンB12クロラムフェニコール(抗生物質)ビタミンB12の造血作用を弱める
ビール酵母フェネルジン(うつ病治療薬)血圧の急上昇
ニンニクネビラピンなどのHIV治療薬薬効を弱める
朝鮮人参ワルファリン(血液抗凝固剤)薬効を弱める
システインニトログリセリン(狭心症治療薬)血圧の急降下
イチョウ葉ワルファリン(血液抗凝固剤)、イブプロフェン(消炎鎮痛剤)血流促進作用増加による出血、紫斑
ビタミンDカルシトリオール(骨粗しょう症治療薬)カルシウム過剰による骨折、腎結石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 株式会社ミヤマ漢方製薬 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.