安心と信頼の品質で、お客様の健康を支えます。

健康食品と医薬品の違いについて

健康食品と医薬品の違いがなにかご存知ですか?

健康食品はあくまでも健康な人が、足りない栄養素などを補う際に利用するもので、成分や製品の選択は、個人の判断に委ねられています。

一方、医薬品は病気の治療に用いられるため、医師・薬剤師の管理下での使用が大前提となります。薬は効果が強いため“害”(副作用等)にもなりやすく注意が必要です。

また、大きな違いとして、効能・効果をうたうことができるかどうかが挙げられます。医薬品は、厳しい審査と厚生労働大臣による製造販売承認を経て、効能・効果をうたうことができますが、健康食品は基本的にそうした表示を許されていません。

このような違いを良く理解した上で、健康食品をご飲用ください。

【健康食品と医薬品の違いについて】
健康食品
医薬品
品質
一定ではない
一定
対象者
健康な人
病気の人
成分や製品の選択
消費者の自由
医師・薬剤師の管理が必要

次.健康食品の分類について >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 株式会社ミヤマ漢方製薬 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.